失敗しないマンション売買のメソッド > 相続用の賃貸マンションで斜面を生かし、河川敷を交換 > ドライエリアで採光・通風も確保

ドライエリアで採光・通風も確保


土地

鶴見の土地にはもともと規模のそう大きくない築40年ほどの木造アパートと築80年ほどの一戸建て貸家が建っていました。通常であれば、この斜面地には冒頭に記したように、同程度の規模のアパートを建てることになるのでしょう。ところが、こうした斜面地だからこそ利用できる手法が一つあります。それは、住宅地下室の容破率不算入という規定をうまく利用する手法です。住宅用途に充てる地下室に限って、容積率の算定に用いる床面積から除外されるので、建物全体としてはより大きな床を持つ、収益性の高いものになるわけです。ただ普通に考えれば、地面を掘って地下室を設けようとすると、その分コストが掛かります。せっかく床面積をたくさん確保することができて収益性が上がったとしても、地下工事にコストが掛かってしまうようでは、元も子もありません。ところが斜面地であれば、地下を掘らずに地下階をつくることができるのです。それは、地下とは何かという点で建築法規は独特な考え方を取るからです。建築基準法では、地盤面との関係で一定の高さより低い位置にあるフロアを地下と呼びます。問題は、この地盤面です。一般には地表と同じに思えますが、そうではありません。しかも、一つの敷地に一つの地盤面とは限らないのです。この斜面地では、地盤面を正面エントランスから見たときに2階に当たる位置に設定し、住宅地下室の容積率不算入という緩和規定に基づき1階に当たるフロアの床面積を、容積率算定上の床面積からはずすことができました。その分、建物全体としては床面積を多く確保することができたのです。

ベランダ

建物の背後に斜面を背負うことになるとはいえ、幸い、敷地は東向きですから、採光・通風の確保は十分に可能です。同じフロアに並ぶ住戸を、雁行といって少しずつずらしながら配置することで、窓を西・南方向に向けて確保しました。共用廊下は斜面側に配置することになりますが、ここでも採光・通風を確保しようと、建物まわりを掘り込み、ドライエリアを設置しました。建物と背後の斜面との間に空き地を設けたので、そこから日差しを取り込み、風を呼び込むことが可能です。この賃貸住宅はMさんの配偶者と長女が相続する予定です。この斜面地にこれほどの賃貸住宅が建つとは、誰も予想しなかったのでしょう。
土地・建物を相続で譲り渡す側も譲り受ける側も、「ここにこんなものが建つの!」と、大変驚き、そして喜ばれました。使い勝手が悪そうで一見価値がないかのような斜面地を、また次の世代に引き継いでいけるわけです。その喜ばれた皆さんのお顔を拝見すると、建築設計のプロとしての一番のやりがいを感じます。完成は2007年11月。入居者の募集にあたっては、希望者が見学できるようにサンプルルームを現地に用意しました。地元の不動産仲介会社や管理会社のホームページを通じて入居者を募集した結果、建物引き渡し時にはほぼ満室でした。


大阪市内にある企業に就職が決まり,どこに引っ越そうかずっと迷っていました。
10回ほど大阪周辺への下見を繰り返し,将来的にマイホームを購入することも検討して,都心部より比較的土地の安い尼崎市に引っ越すことに決めました。尼崎市は三宮や大阪への交通アクセスが非常によく,昔からベッドタウンとして人気の地域です。
ベッドタウンとして開発が進み,多くのスーパーや商業施設があるので,普段の買い物で不便する事はまずありません。そして決め手はやはり大阪へのアクセスの良さです。会社のある大阪駅までは新快速で約4分という好立地です。
神戸の中心地三宮までも約20分で行けるのでとても気に入っています。早く尼崎ライフをスタートしたいです。

埼玉県の中央にあるのが鶴ヶ島市です。そんな鶴ヶ島市で賃貸物件を調べてみませんか?首都近郊型の都市で,東武東上線や東部越生線が走っており貴方のプライベートなお時間は今以上に充実していく事でしょう。3ヶ所ある駅の周辺には,住宅街が形成されており,住宅都市として賑わっているエリアとなっています。また鶴ヶ島市には賃貸物件が多いようなので,引越し先としてオススメのエリアなんです。もし埼玉県内で物件をお求めの方がいましたら,ここ鶴ヶ島市もオススメですよ!ネットからでも簡単に調べることができるので気になる方はぜひ鶴ヶ島で素敵な賃貸物件をご確認下さい。

下町の雰囲気を感じられる人形町。オフィス街へのアクセスが容易に行えるとして,お引越し先として人気のエリアになります。
特に単身者で都心にお勤めの方は,人形町へのお引越しを検討してはいかがですか?
賃貸物件も豊富にあるので希望する物件を見つけることが出来るでしょう。